彼女(仮)になる原因にデリケートゾーンの黒ずみ?意外と見られてるアソコのケアにハーバルラビット♪

今どき男子の恋愛事情でよく耳にする彼女(仮)というポジショニング。

エッチはするけど本命じゃない、一応付き合ってるけど他にいい人が見つかるまでのつなぎ、そんな扱いをうけてしまう女子が増えてるみたい。

「そんな男はやめときなさい、ろくなもんじゃない!」

とお母さんの声が聞こえてきそうですが、最近の恋愛傾向がそういう感じなんだからしょうがないじゃんか…と。

そこで『なぜ彼女(仮)になってしまうのか』、その原因を追求してみるとこんな意見が。

付き合う前のエッチは逆効果!遊んでそうな女には彼女(仮)のレッテルが…

実はここ数年、女より男の方がパートナーの浮気を恐れているそうで、彼女選びには慎重になる傾向があるみたい。

安心して付き合いたい、余計な心配はしたくない、裏切られて傷つきたくない……乙女か!!

そこで「この子は本当に大丈夫か?」を確認するために、男はある行動にでるそうです。

それが『付き合う前にエッチできるかどうか』です。

どういう判断基準なのかというと…

“付き合ってない男とやる女=彼氏じゃない男とエッチする女”

という横暴かつ実に単純(男性的)な考え方(笑)

さらにひどいのが、エッチの時にアソコをチェックし、黒い女は問答無用でビッチの烙印を押されてしまうんだとか。

だから電気をつけたまましたがるのか…。

こうして本命にするにはリスクがあると、彼女(仮)が誕生するのでした。

彼女(仮)を回避して、本命彼女になるために!

正直言うと、彼女(仮)という立場があるように、彼氏(仮)をつくる女もおりますよ。

そういう意味ではお互いさまなのかもしれませんが、デリケートゾーンが黒ずんでいるからビッチからの彼女(仮)は許せません。

生まれつきの体質なんかの関係もあって、黒ずみやすい人もいるんですから。

ただ、そんな男基準も逆転の発想でポジティブな意見になりますよね!

“黒い=ビッチ”なら、”きれい=ピュア”ってことでしょう?

そしてピュアだと思ってもらえれば、(仮)の肩書はなくなり本命彼女に昇格できるってことですよね!

ではでは、単純な男たちの、単純な男基準を逆手にとって本命の座をいただいちゃいましょう♪

彼女(仮)はデリケートゾーンの黒ずみを磨くべし!

デリケートゾーンを磨くべしとは言うたものの、本当に磨いてしまう(刺激してしまう)と黒みが増してしまいます(笑)

下着による刺激が一日中続くだけで黒ずみの原因になりかねないデリケートゾーンは、解剖学的にメラニン活性(黒ずんでしまう原因)が高く黒ずみやすい、正真正銘デリケートな部位なのです。

基本的には刺激しない、これが重要です。

コットンやシルク素材の下着がおすすめで、ビキニラインの黒ずみが気になる場合はボクサーショーツなんかもおすすめです。

そして知っておいてほしいのは、デリケートゾーンの美白は顔などと違い、改善に時間がかかるということです。

デリケートゾーンの黒ずみは地道に根気よく改善しましょう!

あくまで統計上の話ですが、改善には早くても2カ月、人によっては半年ほど時間がかかる場合もあるみたいです。

理由はお肌のターンオーバーのサイクル。

通常約28日でお肌は生まれ変わると言われてますが、年齢や”部位”によっては40~50日前後でターンオーバーするみたいで。

デリケートゾーンはターンオーバーに時間がかかる部位で、さらに下着でこすれやすいことから、美白効果がでにくいと言われてます。

ただし、それはあくまで自力で解決しようとした場合の話ですけどね♪

ターンオーバーは促進できる!今はそんな時代です♪

最近のビューティーアイテムは進歩がすごい!

ひと昔前のアイテムなら
「これでキレイになれる」←なんで?
「これが美容にいいんよ」←どこの?
と漠然としたアイテムばかりだったのに、今はきちんと研究されて
「ここにはコレが効果的」←ふむふむ
「そっちはアレ使ってみ」←なるほど
とピンポイントで効果を発揮してくれるよう開発されたものがたくさん。

お肌のターンオーバーを促進させるのもちゃんとあって、あくまでも補助的な役割かもしれませんが、少しでも早く黒ずみを改善したい人の為に開発されたピンポイントの商品が多数!

その中でも今一番流行ってるのがミランダカーの広告で有名なナチュラルゲルクリーム『ハーバルラビット』です。

>>ハーバルラビット詳細ページはこちら

彼女(仮),デリケートゾーン 黒ずみ,ハーバルラビット,ミランダカー

https://store.bizki.jp

ハーバルラビットで清潔感のあるデリケートゾーンに♪

無添加で日本製、デリケートゾーンに安心して使える条件が揃っているハーバルラビットは、若い世代から人気が広がりご年配の方まで愛用者が増えている話題のクリーム。

詳しい商品説明はハーバルラビット詳細ページで確認していただくとして。

他にも美容皮膚科(クリニック)に通って改善を目指す方法があります。

診断後、メラニンの合成をブロックするクリームが処方されるので、こちらも自分で日々ケアをすることになりますが、市販のものはちょっとと言う人におすすめです。

あとは自分の好き好きで決めましょう♪

ハーバルラビットをネット購入か、通院してクリームを処方してもらうか。

ご自身が楽に続けられる方法を選択するのがいいと思いますよ♪

ビッチ?彼女(仮)?言わせねーよ!

さてさて、男の偏見に振り回されたくないですが、最終的に清潔感のあるデリケートゾーンをどのタイミングで見せるかが重要な気がします。

付き合う前にエッチを求められたらどうしましょう?

許す?それとも付き合うまではおあずけ?

付き合う前に体を許す女が軽い女というのなら、そうする男もまた軽い男なのかもしれませんね。

黒ずみを解消したとっておきのデリケートゾーンは、ちゃんと愛してくれる“とっておきの彼氏”に…。

ではでは、最後にちょっとだけ耳より情報を…

ハーバルラビットが今“お得な割引キャンペーンを実施中”みたいなので、気になる人はお手軽価格でゲットできるチャンスをお見逃しなく♪

>>ハーバルラビットお得なキャンペーン詳細はこちら

彼女(仮),デリケートゾーン 黒ずみ,ハーバルラビット,ミランダカー

https://store.bizki.jp

肌ケア

  関連記事

なぜウォータークレンジングに変えたの?Remeiターマルウォーターの時短クレンジング♪

肌荒れ、ニキビ、キメ・ハリ不足なフェイススキンは、毎日のケアとターンオーバーによって調子を取...

お風呂でパック「ミエル・ド・アンジュ」でバスタイムスキンケア

~お風呂上りにパックする時代終了のお知らせ~ これからはお風呂の中でパックする時代到来です!...

ゆんころプロデュースPrimo(プリモ)

ゆんころプロデュース超保湿クリームPrimo(プリモ) 妊娠線や肉割れ予防に できてしまった...

塗らない日焼け止め?最新UVカットは皮膚科も認める飲む日焼け止め「ザ・ホワイト」

2015年に海外セレブの間で話題になり、2016年に日本の芸能人やモデル業界で大ブレイク。 ...

あいにゃんとゆんころに学ぶお風呂パックのススメ

ひどい乾燥肌も一晩でぷるぷるに! 次の日のメイクのノリが全然違う! ニキビに悩んでた肌が嘘み...